乳酸菌のチカラで腸活習慣【乳酸菌】

【肌荒れ改善には乳酸菌】便秘を解消しないと肌荒れは改善しないって知ってた!?

更新日:

肌は単なる皮膚ではありません。

汗をかいてベトついたりするように、ちゃんとした排出器官でもあるのです。

ここでは便秘の肌への影響を紹介するとともに、乳酸菌、特にビフィズス菌の肌への保湿力などに注目しながら、乳酸菌が肌荒れ防止を行ってくれることを紹介します。

肌荒れは、便秘からも引き起こされちゃうのを知っていますか?

乳酸ガール
あまり知られていないけど、肌も排出器官の1つだって知ってる!?
青汁マン
肌荒れや吹き出物などの肌トラブルは、この排出器官としての機能が関係しているんだよね。
乳酸ガール
おっ、さすが、男なのに詳しい!

毒素や老廃物が、本来、排出されるべき腸から排出されないで、肌から排出されることが原因なんです。

悪玉ジョーカー
むむむ、よく分からないぞ。。。
乳酸ガール
便秘などによって、腸内環境が悪化して、悪玉菌が活発に働くと、腸の中では腐敗物や有害ガスが発生するのよ。

この腐敗物やガスは、腸の粘膜に張り巡らされている毛細血管から血液中に溶け込み、全身をかけめぐっちゃうの。

悪玉ジョーカー
ふむふむ。。それで、それで。。
乳酸ガール
全身をかけめぐった後に、皮膚から排出されると、肌荒れや吹き出物などの肌ラブルとなっちゃうのよ。 つまり、便秘の状態は、肌が気になる女性にとっては、まさに大敵なんです。
悪玉ジョーカー
なるほど!つまり、便秘は肌荒れの原因になっちゃうかもしれないってことだな!

 

腸内が綺麗だと肌も綺麗に!?なるの?

若い頃は無敵でも歳をとれば、徐々に

学生時代のように若い頃には、肌荒れとは縁のなかったという人も多いでしょう。

ですが、年を重ねていくと、出来物と、その跡が目立つようになってきていたりしませんか?

毎日、顔を洗ってスキンケアをしていても、効果のあらわれていない人もいると思います。

そんな場合、食生活などではなく、腸内環境が関係してきます。

ここで注目したいのが、腸内環境整え、便秘を解消するのに役立つ乳酸菌やビフィズス菌になります。

腸の環境が良くなれば、腸で発生する有害ガスが減りますから、肌への負担も軽減されるのです。

腸内に悪玉菌が、つくり出す腐敗物があると、血液や尿からも同じ腐敗物が検出されます。

ビフィズス菌飲料を1日100mlずつ、4週間引用したところ、検出された腐敗物は血中では約54%、尿中では約44%も減りったというデータがあります。

つまり、血液に溶けこむ腐敗物が、約半分にまで抑えられたわけです。

この結果として、推測できることはビフィズス菌をとることで、皮膚にも良い影響を及ぼすことが期待できるということになります。

こんな人は要注意!便秘による肌荒れタイプかも

昔から便秘がちで、2、3日便通がないのは当たり前のような人。

当然のごとく便通のない間は、お腹もはって、ガスが溜まっているのがはっきりとわかってしまっている人。

そして、気分が悪くなることもあるくらいにまでなっていたら、かなり確率で肌荒れは引き起こされてしまっているかもしれません。

お肌予防には、乳酸菌だけでなく、野菜不足も

腸内環境の悪化は、野菜不足などからも引き起こされているので、そちらのケアもかかさないようにしましょう。(⇨【青汁なら野菜不足解消は簡単】野菜の摂取量1日350gもラクラク補給!

同様に、美肌には野菜による栄養補給も大事であることもいえます。

栄養補給を簡単にしたい人、野菜不足解消をしたい人には、青汁を飲むこともオススメです。

その中でも、「乳酸菌入り青汁」は特にオススメです。

乳酸菌入り青汁については下記の記事にて、詳しく解説しているので参考にしてみてください。

⇨「腸内細菌クエストがオススメする乳酸菌入り青汁」

 

ビフィズス菌には肌の保湿力の向上効果もあり

ビフィズス菌には肌の保湿力を高めるてくれるという作用もあります。

健康な女性が、秋から冬にかけての乾燥期にビフィズス菌飲料を継続して飲んだ場合、飲まなかった人は皮膚の水分量が低下したにもかかわらず、飲んだ人は皮膚の水分量が維持できたという研究データがあるのです。(参考;「あなたの知らない乳酸菌力(後藤利夫)」

つまり、ビフィズス菌を日常的に摂取していると、肌の乾燥を抑える保湿効果が期待できるというわけです。

また、ビフィズス菌や乳酸菌を多く含むヨーグルトは、美肌づくりに欠かせない食品でもあります。

ヨーグルトには良質なタンパク質やビタミンB2、ビタミンAなどの要素が含まれており、以下のような働きがあります。

ビタミンB2 ダメージを受けた皮膚の再生
ビタミンA ざらついた肌をしっとりとさせ、乾燥肌や小ジワを防ぐ

 

失われた肌のバリア機能を復活

美肌のもう1つの大敵は、ストレスです。

ストレスを抱えると、ホルモンバランスが崩れて、肌のバリア機能が、低下します。

さらには、新陳代謝が乱れるなどの機能障害が生じてしまうのです。

ヨーグルトの粘り成分が、ストレスによる肌の機能障害を予防することが確認されています。(参考;「あなたの知らない乳酸菌力(後藤利夫)」

この粘り成分は、乳酸菌がうみだす多糖類で、肌の機能障害を抑え、新陳代謝を正常に整えて、健康な肌を生み出すのにひと役かっているのです。

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌は、肌を美しく保つとともに、その栄養素によって、美肌づくりができるという一石二鳥の食品なのです。

さらには野菜不足も肌荒れの大きな要因の1つなので、青汁も合わせてとるとよいでしょう。

オススメは、乳酸菌入りの青汁です。

どうせ青汁を飲むなら、野菜不足解消だけじゃなくて便秘解消もできたらいいですよね?

そんな人は、「腸内細菌クエストがオススメする乳酸菌入り青汁」の記事も参考にしてみてください。

一方で、乳酸菌だけをとりいれるには、なんといってもオススメなのは乳酸菌サプリメントになります。

もちろん、乳酸菌は、ヨーグルトからでもとれますが、便秘のために必要なだけとるには、1日の間に何回も食べなければなりません。

ここで紹介する乳酸菌サプリメントなら、1度に500億個もの乳酸菌をとれちゃいます。

オススメの乳酸菌をは以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

→「オススメの乳酸菌サプリメント」

よく読まれている記事一覧

オススメ記事

1

みなさんは、発酵食に興味がありますか? 古くからあるものとしては、みそや納豆、そしてここでも何度も紹介しているヨーグルトなど発酵食にはいろいろなものがありますね。 Related posts: 【甘酒 ...

2

青汁は野菜不足解消にはもってこいの食品ですが、実はその飲むタイミングによっては、その効果もいろいろな違いがでてくるのです。 Related posts: 【青汁なら野菜不足解消は簡単】野菜の摂取量1日 ...

3

口臭の要因は、さまざまで「口内の虫歯や歯周病」、「胃潰瘍やピロリ菌」、「大腸悪玉菌が出すガス」などが大きな原因としてあげられますが、なかでも多いのが歯周病です。 歯周病はジンジバリス菌などの細菌によっ ...

-乳酸菌のチカラで腸活習慣【乳酸菌】
-, , , ,

Copyright© 腸内細菌クエスト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.