乳酸菌のチカラで腸活習慣【乳酸菌】

【オリゴ糖はビフィズス菌のエサ】乳酸菌サプリと一緒にとって最適な腸内環境に!

更新日:

最近、オリゴ糖を健康にいい食べ物ということで、やたらめったら飲み物とかに入れてませんか?

もちろん、オリゴ糖はこれから紹介しますが、体にとって血糖値の上昇を防いだり、肥満防止になったりといろいろなプラスな効果をもたらしてくれます。

でも、しっかりとその理由を知っておくことも大事です。たとえ、オリゴ糖といえども過剰摂取は体にとって害にしかなりません。

ここでは、オリゴ糖がどんなものであるか、どんな機能を示すのか、どんなものから摂取すればいいのかを紹介していきます。

オリゴ糖って、何者だろう?

青汁マン
オリゴ糖って何かわかってるか?
悪玉ジョーカー
わ、わ、わかってるよ。。食物繊維に似てるんだろ!
青汁マン
ある意味正解だが、やっぱり分かってないな。

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの単糖が、2〜10個程度結合した糖質の総称で、「少糖類」に属してるんだ。

食物繊維は、「多糖類」なんだ。だから、まあ惜しい回答だったな。

糖類の詳しい分類については、「2017年10月12日 食物繊維は水溶性!?不溶性!?どっちがいいの?動物性食物繊維などの新星にも注目!」の記事を参照してください。

小糖類には、いろいろな糖類があることを知る!

小糖類はショ糖(知ってる名前でいうと砂糖)や麦芽糖、乳糖などの二糖類もふくみますが、いま話題となっているオリゴ糖はガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノースなど、単糖が3〜10個結合したものを指しています。

青汁マン
オリゴ糖の「オリゴ」とは、ギリシア語で「少ない」という言葉を意味しているんだぞ。

厳密にいえば砂糖や麦芽糖、乳糖もオリゴ糖の仲間ではあるのですが、これらの二糖類とオリゴ糖では、摂取したあとの体内の反応の仕方が大きく異なっています。

悪玉ジョーカー
どう違うんだ?わかりやすくな!

二糖類は他の食品と同様、小腸で吸収されて活動エネルギーに変わります。

一方で、オリゴ糖はヒトの消化酵素でほとんど分解できないため、そのまま大腸に到達します。

青汁マン
そして、ここからが大事なんだ。

人間のエネルギーにならないかわりに、腸内のビフィズス菌のエサになるのです。

悪玉ジョーカー
なるほど、それでビフィズス菌が成長できるから、腸内環境が良くなるんだな!
青汁マン
正解だ!

<オリゴ糖の分類>

二糖類

ショ糖 麦芽糖 乳糖

ここであげているオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖 フラクトオリゴ糖 乳果オリゴ糖

イソマルトオリゴ糖 大豆オリゴ糖 キシロオリゴ糖 ラフィノースなど

食物繊維も小腸で消化されずに大腸まで運ばれていきますが、便になって排泄されるだけで、菌のエサにはなりません。

便が排泄されることで、結果的に腸内環境が改善される食物繊維に対して、オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌自身が増えていくわけです。

同じ腸内環境に好影響をあたえるプレバイオティクスでも、この点に大きな違いがあることを覚えておきましょう。(プレバイオティクスについて知りたい方は「【機能性食品の分類】バイオジェニックスで生活習慣病予防と老化防止!」の記事を参考にしてください。)

砂糖と同じ仲間なのに、、、何が違うの!?

ビフィズス菌はオリゴ糖をエサにすることで増殖していくだけでなく、代謝産物として乳酸や酢酸などの有機物を生成します。

この乳酸や酢酸の生成が増えると、腸内は酸性になります。

悪玉ジョーカー
腸内が酸性なのって確か、良いことだったよな。。
乳酸ガール
よく覚えていたわね。正解よ。

腸内が酸性であれば、アルカリ性の環境を好む大腸菌やウェルシュ菌などの増殖をおさえます。

生成された乳酸や酢酸の刺激で、腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、便通も促されるので、結果として腸内環境が改善され、次第にお腹の調子が良くなっていくと考えてもいいでしょう。

さらには食物繊維と同様、小腸で消化されにくい成分であることから血糖値の上昇をおさえる効果も期待できます。

<血糖値の上昇抑制>

乳果オリゴ糖は、胃酸によって1.5%、小腸の粘膜の酸素の働きによって5%しか分解されません。

摂取しても90%以上は消化吸収されないわけですから、当然、血糖値もインシュリン濃度もほとんど上昇しません。

砂糖と同じ糖の仲間(甘味料)でありながら、糖尿病の予防や改善にも適した性質をもっているのです。

悪玉ジョーカー
それって、なんかすごいな。甘いんだもんな、おっさんたちの救世主だ!
青汁マン
そうなんだ。甘いけど、体にいいんだぞ。
乳酸ガール
この他にも、1gあたり約2kcalと砂糖の半分のカロリーしかないことから、肥満が気になる人のダイエット食材としても効果が期待できるのよ。
悪玉ジョーカー
あれっ?吸収されないのにカロリーはあるんだな。
乳酸ガール
そうなの。

たとえ、小腸で吸収されないといっても、0カロリーではないの。

オリゴ糖を食べたビフィズス菌の生成する乳酸や酢酸が体内に吸収されて、エネルギーに変わるから、カロリー自体はあるのよ。

青汁マン
低カロリーだからといって、食べ過ぎちゃいけないってことだ。
悪玉ジョーカー
なるほど、何でも食べ過ぎはダメだってことだな。

どうせオリゴ糖をとるなら、ビフィズス菌も一緒にとった方がいいから、ここでオススメしたいのはオリゴ糖も配合した「乳酸菌サプリメント」です。

乳酸菌サプリメントを飲んで、ビフィズス菌をとりいれ、オリゴ糖でビフィズス菌を活性させ、腸内環境を改善させましょう!

「腸内細菌クエスト」では、16種類の乳酸菌を一度に3兆個もとれる「乳酸菌革命 」という乳酸菌サプリメントをオススメしています。(乳酸菌サプリメントについては、「オススメの乳酸菌サプリメント」の記事も見てみてください)

よく読まれている記事一覧

オススメ記事

1

みなさんは、発酵食に興味がありますか? 古くからあるものとしては、みそや納豆、そしてここでも何度も紹介しているヨーグルトなど発酵食にはいろいろなものがありますね。 Related posts: 【甘酒 ...

2

青汁は野菜不足解消にはもってこいの食品ですが、実はその飲むタイミングによっては、その効果もいろいろな違いがでてくるのです。 Related posts: 【青汁なら野菜不足解消は簡単】野菜の摂取量1日 ...

3

口臭の要因は、さまざまで「口内の虫歯や歯周病」、「胃潰瘍やピロリ菌」、「大腸悪玉菌が出すガス」などが大きな原因としてあげられますが、なかでも多いのが歯周病です。 歯周病はジンジバリス菌などの細菌によっ ...

-乳酸菌のチカラで腸活習慣【乳酸菌】
-, , , , , , , , ,

Copyright© 腸内細菌クエスト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.